借金で二進も三進もいかない人は、債務整理をするべきです!

借金をなんとかしたい

現金をしまう人

すでに多額の借金をしているという人は、おそらく毎日お金に関する精神的なプレッシャーを感じてしまっているでしょう。
ひとつのところから借りている人だったらそこまで感じることはないと思いますが、多重債務者はなかなか厳しい状況ですよね。
では本当に借金を返済できなくなってしまったらどうすればいいのか?
これからはけして借金に嘆く必要はありません。
なぜなら今は「債務整理」という方法によって、借金を減らしたり帳消しにしたりすることができるからです。
つまり債務整理をすれば、あなたのどうしようもない現状をなんとかすることができます。
これにより精神的につらい状態からは必ずおさらばできるでしょう。

では債務整理とは具体的に何をどうするものなのか?
当サイトでは債務整理に関するさまざまな情報を伝えていきたいと思います。

まず債務整理の方法はいくつもあるので、一概にやり方が決まっているわけではありません。
たとえば一番有名でかつ誰もが選んでいる方法が「自己破産」になります。
あとは自己破産をしない場合の方法として、サービサーを使った債務整理だったり、放置・時効を使った債務整理などがあります。
ちなみにサービサーも放置・時効の方も併用しておこなえる方法になるので、細かい話は後ほど詳しくしていきたいと思います。

収集のつかないほど大きな借金をしている人は自分ではどうしようもない状態だと思いますので、まずはあなたも債務整理という選択肢を考えてみてください。
そしてもう一度明るい人生を満喫できるようにしましょう。

自己破産がしたいなら

大金の手渡し

自己破産といえば債務整理においては定番の方法となります。今回はざっと自己破産に関する話をしていきたいと思いますので、興味ある人は一度目を通しておいてください。実現の条件からデメリットまで色々まとめておきます。

サービサーを使う方法

利息計算

本来であれば収入のない人が債務整理をする場合、自己破産以外の方法を実現することはできません。ただ今回紹介する方法であれば、自己破産をしなくても債務整理をすることができます。ただしこの方法は自己責任でやるようにしましょう。

その他の方法として

現金を手に入れるイメージ

ここでは簡単に自己破産以外の方法について紹介していきます。どれも簡単にまとめているので詳しくは書いていませんが、どういう方法があるのかこれでなんとなく理解できると思います。

人気記事一覧

円マーク

「借金で二進も三進もいかない人は、債務整理をするべきです!」の人気記事一覧です。